コンセプト

本大会は、学生短文基本問題ナンバーワン決定戦「abc」の40歳以上バージョンです。 

本大会の開催に至った理由はいくつかあります。

 

1つ目は、若手を中心にクイズ人口が広がりを見せていく中で、生涯学習としてクイズを捉えた場合に、必ず上のカテゴリが必要になってくると考えたからです。 

Quizのメディア露出が多くなり、学生を卒業してからクイズを始める人が多くなった中、abcのような素晴らしい大会が学生のみで収まっているのは非常にもったいないと感じます。 

もちろん、ABC(ラージABC)のように全年齢を対象とした大会もありますが、abcを卒業して2~3年目までの若手が実力・適正ともにあり、そのハードルはabc以上とも言えます。

abcの高揚感や緊張感をより広い世代に知ってほしい。これが1つ目の動機です。

 

2つ目は、特に2〜30代以上の活力の再生です。 

大学時代の多くをクイズに費やした方であっても、仕事や家庭における環境の変化やクイズに対するマンネリ化など、様々な理由で徐々にクイズを離れる方が多くなります。 

(これはどのような趣味であっても同様のことだとは思います。)この中には、abc以降の「目標」がなく、徐々にフェードアウトしていく人も少なくないように思います。 

abc seniorの存在は、特に30代の人たちにとって、「そこまではクイズを続けよう」「seniorの通過に向けてこれから実力をつけよう」というモチベーションのきっかけになるのではないかと思っています。

 

最後は、abcを作り上げてくださった方々への恩返しです。

abcは、当時の社会人が、自らは参加できないと分かりながら築き上げてきた大会です。 

私はabc1stの時に大学1回生であった、いわばabc第一世代ともいうべき人間ですが、abcに感化されてクイズにのめり込み、素晴らしい知識や様々な出会いを得ることが出来ました。

 

今年度は、abc the 1stの最年少スタッフが40歳になる年です。 

abcを作り上げてくださった皆様に、abcの楽しさを知っている私たちから、少しばかりの恩返しが出来ればと思っています。

 

abc senior発起人 中嶋勇喜

基本問題について

本大会における「基本問題」については以下をご覧ください。